HOME > フェイシャルお悩み別メニュー > 化粧品の使い方②美容液・クリーム・UVケア

フェイシャルお悩み別メニュー

化粧品の使い方②美容液・クリーム・UVケア

20210516164621-5b2e55a58ae29280cd38724a451bc742eae29069.jpg
 
 ⑤美容液   nn加齢とともに衰えてくる肌の機能や、皮膚を改善するために栄養を補うのに最適な「お肌のお悩み解決アイテム」シミやシワ・たるみなどに作用する美容成分が凝縮された化粧品です。美容液は適正量をつけて初めて効果が出るので、適正量を確認して使いましょう。
シミやシワの気になる目元、口元などに美容液を重ねづけすることで効果が促進します。長期的に継続して使うことで、肌の根本から働きかけ美容液の効果を実感できるでしょう。

20210516194621-c1a4562847769eda33c38b8e31b971afebb97a7e.jpg例えば、骨が弱くなっているのは「カルシウム不足」と言います。それと同じように、シミなら黒い色素を薄くするビタミンCやプラセンタエキス、シワなら新鮮なコラーゲンを補給するなど身体の不足分を補うように何か肌にトラブルがある→補いたい場合は  20210516200554-b1aa3dd8613bc7d6dc8dff1d31a56aa4c8db42df.jpg  栄養素が入った美容液が必要な肌です。

ニキビがある・脂っぽい→スッキリさせたい場合は  20210516200951-7a1a9f22190168997f16d6de178b2d6e109a220d.jpg 
抑える成分の入った美容液が必要な肌です。

20210516213305-c3c35ae2319a6a014545c7529299da995e9eb507.jpg
 ⑥乳液・クリーム  化粧水で与えた水分の蒸発を防ぐ、必要な「油分」補給をするもの。
乳液やクリームは、化粧水で与えた水分が蒸発しないように"蓋"をするものです。化粧水などの水分は、
20210516215250-3c5f493d8cd96c27ea43e537d18d356b65e75cd8.jpg
外気温や体温で蒸発してしまいますので、必ず蓋をしておかなければ、紫外線・外気の刺激でお肌に乾燥やトラブルを起こしてしまいます。決まった量を使用します。だいたいパール粒1~2とか、あずき粒1~2となっている事が多いと思いますが、乾燥している場合、これより多く小指大くらい使用している方が多いようですが、乳液やクリームをつけすぎると油分が多く入っているので、水分とのバランスが悪くなり、かえって乾燥がひどくなる場合があります。乾燥が気になる場合は、化粧水をたっぷりつけ「ハンドプレス」をしっかり行ってから、乳液やクリームを使用してみましょう!また、ニキビの場合はべたつくから~と塗らない事があります。これでは、蓋ができずどんどん水分が蒸発してしまうので、ニキビが収まらなくなってしまいます。
20210518140736-f66f47330cc6c00f447eefb84ad837d676a0773a.jpg      20210518140835-c460625e80e8f65d87129867e7fa21776f12f06c.jpg   20210518140954-988fee550a223f7c1f47f99d888bc2aca8301981.jpg 
肌は、Hゾーン乾燥部位・Tゾーン脂っぽい部位・Uゾーンそうでもない部位などに分かれています。
乳液やクリームは、つけ方がポイントになります。ご自分で確認し、つけ方を変えてみて下さい。
20210518140434-3e7f30fb3e6929a5d31df671416291e677234449.jpg
 

 ①指にクリームをとります。(乳液は、手のひらに)
      両目の下にちょんちょんと置き、指全体でHゾーンに伸ばしてください。




  
20210518141912-179866e02ccbeb130cfffd26a492d4de7ce9e042.jpg

②指に残った乳液やクリームをTゾーンに、アゴそして首に伸ばしてください。
 

クレンジング~クリームまで、少し使用方法を変えるだけで、
朝起きた時、乾燥せず・くすみもなく・ニキビが大きくならずなどの変化が現れやすくなります。メイクの崩れも実感してみて下さい。

20210518212449-f3107bd5b15de733e6d533f92e840706585dfec7.jpg
 ⑦UVクリーム     紫外線から皮膚を守るためのクリーム。20210518214710-4e965ffa879b6641cee25fb2829831a635e425bd.jpg
夏だけUVしている人が多いのですが、実は1年中、紫外線が肌を狙っているのです。

日差しの量は5月くらいから多くなりますが、冬から春にかけて準備する間の肌が敏感になります。なので、3月くらいからしっかりUVケアをしておかないとシミやそばかすが起こってしまいます。20210518215448-fdffc8379a002365c1e1c7242c55ec6637f71ef2.jpg紫外線には種類があります。
紫外線にはA波とB波があります。紫外線B波は別名がレジャー紫外線と言われます。皮膚を赤く炎症させてメラニンを作り、シミ・そばかす・色素沈着を引き起こします。日焼けで肌がヒリヒリするのは、B波によるダメージで肌が炎症するため起きるのです。
 
紫外線A波は別名が生活紫外線とも言われます。時間をかけてゆっくり皮膚が黒くなり、シミやそばかす、たるみを引き起こします。また、ハリや弾力を生むコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を作る細胞を傷つけてしまうので、「光老化」とも言われています。

その紫外線ABをカットする、SPF・PAとは?
20210520142614-47770ca41ff615fddfdda6cbdedbbb30462032e8.jpgのサムネイル画像20210520143514-ad904eb78e378b3b0bf8e8747c0ae70b7e5354f6.jpg
SPFは、紫外線Bをカットする効果があり、数値10~50くらいまで販売されています。そして、日焼けまでの時間は個人差があります。元が褐色系の人は比較的日焼けまでの時間が長くなり20分くらいから、色白系の人は、短く10分くらいから日焼けが始まるといわれています。
例えば、「SPF30」のUVクリーム。
褐色系の人は、20分×SPF30=600分 10時間日焼けを延長。
色白系の人は、10分×SPF30=300分 5時間日焼けを延長できるという計算。

しかし、本当に10時間?汗もかきます、顔に触れて取れてしまうこともありますので無理な事です。あくまでこの数値は、効き目の目安として利用すると良いと思います。

しっかりUVカットをするためには、「2~3時間ごと」日焼け止めを塗り直すのが理想的です。塗り直しが無理な場合は、紫外線防御効果の高いパウダーなどで化粧直しをしてください。
 


PAは、紫外線Aを防止する数値。
20210520143135-0af6a96244ba08fdc7911372e7d96147f25817b5.jpg




通勤やドライブ・散歩など、行動に合わせてUVクリームを使い分けましょう!
そして、雨やくもりの日も必要なのでしょうか?
20210518220337-d4fc9b0850d64b4646f058567711d78385c63cef.jpg





晴れているとき直接あたると100%、曇り80%、雨でも20~30%あるのです。日陰では50%、あとは、反射光からも紫外線の影響を受けています。そして、A波は、家や車の窓ガラスや雲も通り抜けてしまいますので、家の中にいても油断をしてはいけません。この2つの紫外線は1年中出ているので、冬でも必ず紫外線対策が必要です。

     そして、UVクリームは塗り方が大切です。
20210519225402-8f0be0451ba1991262f859204235af71e5468125.jpg

 
 
 しっかり水分補給した
スキンケアの後、適量を日差しを受けやすい顔の高い部分、
 頬と鼻筋にポイント置きします
 
20210519230253-97cd4559d16f5f0899c72e0be9bbb03f050ded91.jpg
 

 次に、指先で”ポンポン”と置くように
 頬・鼻筋~顔全体に伸ばしてください。

 気になる部分は、重ね塗りをしておきましょう
20210519231517-a5da1846cf3bd3070b9b78ee89575095f456491e.jpg


 そして、手のひらで顔を包むように
 ハンドプレスして、
 肌にしっかりとなじませます。
 

あと、首・デコルテ・うなじ・耳の裏にも日焼け止めをつけましょう!
 
しっかりUVカットをするためには、「2~3時間ごと」日焼け止めを塗り直すのが理想的です。塗り直しが無理な場合は、紫外線防御効果の高いパウダーなどで化粧直しをしてください。

そして20210519233108-7058b8701064d9332bd070e9730f9f8be4e2c11d.jpgできるだけ早くクレンジング・洗顔で落とし、シートパックや保湿をしっかり行う♪
これが、シミをつくらないポイントです!

エフビューティでは、「トラブルを寄せ付けない肌に!」する基礎化粧品を使用しています。敏感肌にも安心して使用でき、抗酸化作用に優れているので、いつも新鮮で使う度にキレイになっていくお化粧品です。

  基礎化粧品のフローレスC60はコチラから 取扱商品

 

カテゴリ



このページのトップへ